ナッシュ(nosh)の口コミ。私も宅配お弁当でダイエット実践中!

ナッシュ(nosh)の口コミでは「宅配なのにダイエットできる」と話題です。本当に宅配のナッシュ(nosh)でダイエットができるのでしょうか?私も実践中です。

低糖質ダイエットについて

低糖質ダイエットでも飲んでいいお酒があります!ビールはどう?

更新日:

低糖質ダイエットをしていても「お酒は飲みたい」そういう方も多くいらっしゃるようですね。
では、低糖質ダイエット中にお酒を飲むことはダメなのでしょうか?

低糖質ダイエットを行っている間「お酒は飲んではいけないのか?」と聞かれると、そんなことはありません。

低糖質ダイエットを行っていても、お酒は飲めるのです。

ただし、お酒に対する免疫が低下している可能性がありますので、飲みすぎには注意しなければいけません。

では「どんな種類のお酒でも飲んでいいの?」というところが気になるかと思いますよね。

実は、何でもOKというわけではありません。

低糖質ダイエットを行っている間でも、飲んでいいお酒は限られています。
残念ながら何でもいいというわけではありません。

飲んでよいお酒は「蒸留酒」になります。
蒸留酒は、蒸留する過程でアルコールと香味成分のみを抽出するため、糖分がほとんど含まれていません。

つまり、飲んでいいお酒は、以下のようなお酒になります。
・ウィスキー
・焼酎
・ウォッカ
・ジン
・ブランデー
・ラム酒

上記のお酒は、すべて蒸留酒になります。
ですので、低糖質ダイエット中は飲んでも大丈夫なカテゴリーになります。

ただし、先ほども申し上げた通り、お酒に強い方でも糖質制限を行っていると、お酒に弱くなる傾向にあります。
飲む量には、注意しましょう。

しかし、なぜお酒に弱くなってしまうのでしょうか?

その理由も、ご紹介します。

低糖質ダイエットを行うとお酒に弱くなる

なぜ、糖質を制限するとお酒に弱くなってしまうのでしょうか?

お酒が弱くなる理由は、とてもシンプルです。

糖質の制限をすると、通常よりも体内の水分量が少なくなります。

水分は糖質と結びつくのですが、糖質を制限すると、結びつく糖質がなくなるため、水分も減少します。

そうすることで、血中のアルコール濃度が通常よりも高くなるため、普段よりも少ない量のお酒で酔いやすくなってしまうのです。

もう一つは、糖質制限を行っていると、アルコールを分解する肝臓の働きが低下します。
結果、お酒に弱くなったと思ってしまうのです。

糖質制限中に飲んではいけないお酒とは?ビールはどう?

低糖質ダイエットを行っている間に飲んではいけないお酒は、以下のようなお酒になります。

・ビール
・日本酒
・ロゼワイン
・スパークリングワイン
・果実系カクテル
・梅酒

ただし、ビールや発泡酒で糖質0などといった商品も昨今では販売されていますよね。

糖質0と書かれている商品であれば飲んでもOKです。

ですが、糖質が全く含まれていないというわけではありませんので、そこだけは注意しましょう。

糖質制限を行っているという点で、糖質量の制限を守れば楽しくお酒を飲むことはできます。

糖質制限をしているからといって、お酒を我慢するというのはかなりのストレスになるかと思います。
ですので、飲んでいいお酒を確認して楽しむようにしましょう。

-低糖質ダイエットについて

Copyright© ナッシュ(nosh)の口コミ。私も宅配お弁当でダイエット実践中! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.