ナッシュ(nosh)の口コミ。私も宅配お弁当でダイエット実践中!

ナッシュ(nosh)の口コミでは「宅配なのにダイエットできる」と話題です。本当に宅配のナッシュ(nosh)でダイエットができるのでしょうか?私も実践中です。

低糖質ダイエットについて

低糖質ダイエットのやり方。あなたの方法は間違えていませんか?

投稿日:

低糖質ダイエットのやり方を、あなたは間違えてはいませんでしょうか?
自己流で行っている方や、糖質に対する知識が浅い方は、今一度低糖質ダイエットについて知る必要があります。

そこで、低糖質ダイエットのやり方について、正しい方法や注意点などをご紹介していきたいと思います。
低糖質ダイエットに興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、低糖質ダイエットとは何なのか?ということをザックリとご紹介します。

低糖質ダイエットとは、糖質量が基準となっています。
普通のダイエットのように、カロリー量を基準にしているわけではありません。

糖質を抑えることで、余った糖質が脂肪として蓄積するといった現象を抑える効果が期待できます。

タンパク質、脂質、食物繊維は血糖値を上げることもありませんので、たくさん食べても問題はありません。

低糖質ダイエットのやり方その①

3食ご飯を抜く方法です。

3食ご飯を抜くだけではなく、大切なのは、その他の糖質が多い食材や調味料も制限することです。

糖質の摂取量でいうと、1食10~20gで抑えるのがポイントです。

つまり、1日に摂取していい糖質力は30~60gとなります。

このやり方で適正体重になったら、次以降にご紹介する低糖質ダイエットに切り替えることをおすすめします。

低糖質ダイエットのやり方その②

2食ご飯を抜きます。

朝か昼のどちらかと、夕食のご飯を抜きます。

1日の糖質摂取量の目安は、70~100gとなっています。

1食だけご飯を食べることができるのですが、ここで食べるご飯は玄米などになります。

継続しやすいため、低糖質ダイエットを行っている方が多いですが、まずはその①から始めてみるのがいいかと思います。

低糖質ダイエットのやり方その③

夕食のみ、ご飯を抜く方法です。

1日の糖質摂取量の目安は、110~140gとなっています。

1食抜くのみで軽い制限となります。

◎注意点◎
糖質を抜くからこそ低糖質ダイエットであって、脂質まで抜いてしまってはいけません。

ですが、3,000kcal以上摂取しても、痩せることはできないため注意が必要にいなります。

間食に、せんべいやおかき、ドライフルーツなどを食べてしまっては、OUTですので注意しましょう。

一見、せんべいやおかきには、糖質など関係ないように思われますが、立派な炭水化物です。

炭水化物には、糖質がたっぷりと含まれています。

このあたりをしっかりと押さえておけばOKです。

実は、ご飯を抜くことで、おかずがたくさんの食卓になると、味が濃く感じてくるようになります。

そうすると、薄味に味付けを変える傾向にあるため、塩分を抑えることにも繋がります。

そのため、正しいやり方で低糖質ダイエットを行えば、健康面でもかなり期待できるダイエットなのです。

-低糖質ダイエットについて

Copyright© ナッシュ(nosh)の口コミ。私も宅配お弁当でダイエット実践中! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.